TOP  かわら版  縦割りの反対は・・・横串?横断?

縦割りの反対は・・・横串?横断?

「読み書きの大変な背景が共感できました」
「机上課題ばかりやってきたけど・・」
「ぜひ学校だけでなくみんなで取り組んでいきましょう」

 

参加した先生たちから有難いお言葉

午前:古川小学校でデモンストレーション

お昼:蕎麦正なかや(高畑OTが白えび天2皿)

午後:ハートピア古川でケースの動画の振り返り

学校の先生や療育スタッフ
そして行政や医療関係者まで
(Mad Scientistとの塙杉子OTもかけつけ)
生のお子さんを通して
強みと困難さの評価から
オーダメイド支援の実際まで
みんなで体感して頂きました

 

はびりすの奥津OTと
はびりす理事のの高畑OTと浅野ORT
これまで井川クリニックで研究してきて
得られた知見の集大成を書籍化の最中

通級の先生をメインターゲットに
誰もがあみだくじ的な評価と
それぞれのタイプに合った支援を
プログラム集からマッチング
知識がなくても今すぐ誰もが
オーダメイド支援にとりかかり
こどもと一緒に読み書きを
楽しん学んでいける

そのメソッドを書籍化に先行して
飛騨市でトライアル事業として
導入させて頂きつつあります

こどもや現場の先生中心に
読み書き支援を進めるうえで
今までむずかしくしていたのが
専門家の縄張り争い
ここまでは眼科領域
こっからオプティ
そして机上はSTのフィールド
OT的な実践は門前払い

ユーザーからすれば
専門家のみんなで手をつないで
現場が使いやすいものを開発して欲しいのに!

日本を蝕んできた縦割り組織の弊害

愛情一本で
そこをポーーーーーーンと
飛び越える飛騨市

『いいこと考えた!』
1ヶ月前に思いついた
夏休み企画のデモ付き研修

電光石火で会場が決まり
ケースが決まり広報が行き届き
こどもの利益を中心にチームが組織化される

この雪深い自然の中で育まれた文化的背景や
都竹市長というカリスマ的なリーダシップ
いろんなものが交錯しした今日この瞬間

さてこの後も目白押しでる

何が?

世界へ輸出できる
読み書きの「フローチャート」支援
最先端最前線モデルの飛騨特区導入
マクロミクロ同時進行の一番煎じ的な企画

『飛騨市民(こどもと家族)向け夏休み体験教室』
(講師:はびりす奥津OT相談付き)
①7月31日 @古川 古川/宮川/河合
②8月21日 @神岡 神岡/山之村
③8月22日 @古川 古川/宮川/河合

9月15日
『みんなで学び合おう特別支援ひだ』
岐阜聖徳学園大学教授主催@場所未定
講師:はびりす山口/奥津

10月26日
『フローチャート評価習得講座』
垣添コーディネータ主催@飛騨吉城特別支援学校
講師:はびりす山口/奥津

その他にも?

月ー水の3日間の滞在で
どんどん役割が増えていきます

OTなんでも相談
OT巡回相談
OT保育所等訪問支援事業
OT療育派遣(児童発達支援/放課後等デイ)
OT読み書きフローチャート支援の巡回
OT重度心身障がいライフスタイル構築支援

しかし、
目指す先はOTの発展ではなく、
むしろ専門家の役割は減った方がいい

ハンディがあっても
自分らしい暮らしが描ける街づくりの実践モデル

ぜひみなさんご一緒に!!

pagetop