TOP  かわら版  理学療法士のスピーチセラピー

理学療法士のスピーチセラピー


クレーンだけだったやりとりが
「あれ」→「やる」

指差しと言葉で
少しずつ伝えてくれるようになりました

「声を出すことに自信がでてきたみたい」
(母)

PTだから運動
OTだからADL
STだから言葉

発達領域におけるこの区分って
意味ないと思いませんか?

こどもたにとっては
運動も身辺も言葉も
全てが「遊び」

相手がDrだろうと
教師だろうと
セラピストだろうと
一緒に遊びたいだけなのに

「あいうえお」は言えないけど、
「ア◯パンチ」は言える

言葉も運動

大好きな運動から始める3ポイント

①大好きなキャラになりきって
②大好きな動きと言葉のマッチング
③大好きな表現の繰り返し

「ア○パーンチ」っていいながら
パンチすると体に力が入るし、
大人も吹き飛んでいく!

何度も繰り返すうちに、
言葉と動きと相手とつながって、
人とやりとりすることが
楽しくなってくる

※画像掲載確認済
PTしかの

 
pagetop