TOP  かわら版  その子はどんな風にやっている?

その子はどんな風にやっている?

たとえば、上手に工作をしたいんだけど、どうしてもうまくいかない・・・と困っている子がいたらあなたはどうしますか?
作り方を繰り返し教える?、使いやすい道具を試してみる?、作る練習をしてみる?、道具が使いやすいように指先のトレーニングをしてみる?
どれも効果があるかもしれないし、ないかもしれません。

ハサミを使う指先を動き、座り方、両手の使い方、集中できているか、手順通りに進められているか・・・etc
工作一つとっても、実に様々なスキルが必要です。

一体何ができていて、どこをどんな風に手助けしてあげればいいのか?

それを見つけ出すために作られた評価方法が「School AMPS」です。
その特徴は
①人が活動を行うに必要な要素全てを採点できる。
②その子がどれくらいできているかが、数値でわかる。
③どこが得意で、どこが苦手なのかが一目瞭然。
しかも、人が活動を行うのに必要なスキルが網羅されているため、どんな活動にでも応用できる便利な評価方法です。

何よりも大切なのは、School AMPSを実施するまえに行う先生へのインタビュー、ここでどんな活動を取り扱うのか、どうして取り扱うのかを掘り下げていくことで、School AMPSで見えたことの価値がどんどん増していきます。

インタビューも、School AMPSもルールがあるから誰でも実施できる!
でも、ルールがかなり入り組んでいてややこしい・・・

便利な評価方法だからこそ、自分も他の職員ももっと使いやすくしていきたい
ということで、
▷インタビューガイド
▷School AMPS評価用紙
を作成してみようと思います。

完成次第、UPしていきますので、ぜひご意見ください

乞うご期待!

OT奥津

pagetop